豊田真由子議員の一連の報道に思うこと

豊田真由子衆議院議員のパワハラ騒動がマスコミで取り上げるようになったのは、今年の6月下旬頃でした。

それから3ヶ月になろうとしていますが、未だに話題が尽きることがありません。
テレビを観ていると同じような話題ばかりでもううんざりです。

しかしながら、豊田議員が入院して以降それからどうなったのかに関しては興味が湧いてくるのも事実です。

秘書から警察に被害届を出されてそれ以降どうなったのか? これから議員活動は続けるのか? もし続けるとしても現実的に続けることができるのか? そこが知りたいのです。

ところで、今日、テレビでお昼のワイドショーを見ていると「豊田議員の新しい音声を入手しました」と言うことだったので、そのまま見ていると、今度はいつもと違うバージョンの秘書をなじる音声がテレビに流れています。

それを見た私は「まだやってるのか~、ここまで情報を小出しにして視聴率を稼ぐことはないだろ~」と思えてきました。

もちろん、豊田議員の話題には関心はありますが、もう少し前進した話を報道してほしいものであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です